飛田新地にマツコ・デラックスさんが潜入!

飛田新地にマツコ・デラックスさん

撮影が厳しく禁止されている飛田新地ですが
なんと!

マツコ・デラックスさんが潜入!

10月8日に『かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代… とマツコ』(日本テレビ系)で放送されました。

 

 

飛田新地とは?

飛田新地は大阪市の西区(天王寺駅、動物園前駅から徒歩10分程度)にある料亭街の事をさし、
かつては日本最大級の「遊郭街」でした。

但し、1958年に売春防止法が施行され禁止されました。
その為、「料亭」という形態で営業を続けることにより飛田新地が継続されています。

飛田新地について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

と、そういう場所ですので
撮影は禁止になっています。

ただ、今回は
飛田新地料亭組合の許可を得て撮影。

その光景に
「日本にこんな場所があったとは・・」
「京都だけでなく大阪にもこんな昔の日本が残ってたの?」
「ジブリの千と千尋の神隠しみたい。」
などなど、日本人だけでなく外国人にも驚きを与えました。

 

懸念点は?

広く知られるメリットとしては知名度が上がるのでお客さんが増えるので
お店、働く女性にもお金が入る。

ただ、プライバシーの問題や
観光目的(お客でない)の冷やかしが増える事で
働いている仲居さん(呼び込みのおばちゃん)や女性への負担が大きくなる事も懸念されています。

(今でも冷やかし行為が女性や仲居さんの負担になっているのだとか・・)

今回は撮影の許可が取れ、撮影されましたが
基本的には撮影は禁止です。

働いている女性も
やむを得ない理由で働き、顔ばれしたくない女性が大半です。

盗撮しないようにして欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛田新地求人-ハナミズキ
ページ上部へ戻る