松島新地には飛田新地にはない風情を感じることができます

松島新地の画像

大阪には新地と呼ばれている、遊郭の名残を残している場所が5か所あります。
もちろん、正式には遊郭として営業をすれば法律違反にあってしまいますので、公的には料亭とか料理店とかの体裁をとっているようです。
そして、その中で行われるのは売春ではなくて自由恋愛なのです。

よくちょんの間と呼ばれることがありますし、大阪以外でもちょんの間で有名な場所はありますが、大阪ではちょんの間はソープランドよりも風俗としては一般的であるといえるかもしれません。
現存する新地としては飛田新地、松島新地、信太山新地、滝井新地、今里新地の5つということになります。
現在でもそれぞれに営業をしていますが、実際には飛田新地と松島新地以外はかなり規模が小さくなっているといえます。

最も有名なのは飛田新地ですが、その次の規模があるのが松島新地で、飛田新地には何度か行ったことがあるものの松島新地は行ったことがなく、機会があれば行ってみたいと思っていました。
飛田新地に行くときには一人で行ったことはなかったのですが、松島新地には一人で出かけることになりました。

大阪の市街地からほど近い地下鉄中央線か阪神線の九条駅からい歩いても大してかからないので、アクセスは楽です。
松島新地も飛田新地と同じように特に風俗街があるのだというような特別な感じは町にはなく、住宅や工場や商店街の横に何気なくあるといった方がいいのかもしれません。

そのあたりに「松島料理組合」という看板のある周辺が松島新地ということになるようです。
飛田新地と比べるとごちゃごちゃした感じは少なく、住宅街のちょっと大きめの感じの家とか、うどん屋かそば屋のような風情の家などが料理店という建前で営業をしているようです。

私が訪れたのは昼間であったので、夕方や夜がどうなっているのかはよくわかりませんでしたが、飛田新地のようなきらきらした感じはないのではないかと思います。
悪く言えば活気が少ないといえますし、よく言えば落ち着いた雰囲気があるといってもいいのかもしれません。
昼間にこのような場所に男が一人で歩いているのですし、あまり人通りもなかったことから、かなり客引きのおばさんやおばあさんに声をかけられました。

あらかじめ行く場所を決めていたのですが、かなりたくさんの客引きに合いました。
実際にお店に入ってみると、システム的にはどこでも同じようで、私の場合には二階に通されて、それ以降は二人での自由恋愛が始まるのです。
飛田新地に初めて行ったときのようなサプライズは感じませんが、それでも松島新地には飛田新地にはない風情を感じることはできました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る