大阪飛田新地の風俗街が警察に摘発されない理由

飛田新地が警察に摘発されない理由

飛田新地って怖い?危険?ギモンに答えます!」でも軽く触れましたが、大阪の飛田新地がどうして警察に摘発されないのか…
それは大きく分けて2つあり、1つはヤクザとの関係性にあります。

ご存知の通り、警察はヤクザの資金源を徹底的に止めたいと考えています。

風俗店でもヤクザの資金源になっているような店舗は何かしらの形で摘発されたりしていますが、この飛田新地ではそれが一切ないんですね。

ヤクザは徹底排除する方針でこの界隈の人は動いているので、警察も強気に動こうとしないのかもしれません。
今まで警察関係者にこういった質問が公けの場でされたこともありましたが、警察側は

「実際問題、被害者からの通報がないと我々は動けない。我々だって、料亭の2階で何が行なわれているかは察しが付くが、だからといって踏み込めない。自分が飛田の料亭に上がって、こんなことがあったと誰が通報してきますか。手入れにつながるのは、シャブ(覚せい剤)とかの別件で逮捕した容疑者が、事情聴取のときに、いついつ飛田で働いていましたということを供述したときです」

と言っていました。
つまり、被害届が出されない以上は警察も摘発する理由がない…という事になります。
これが2つ目の理由ですね。
現大阪市長である橋元さんも、かつてはこの飛田新地の顧問弁護士だったようですから、市長からもかなり守られてますよね。

飛田新地を嫌う人も日本にはいますが、この風俗がなければ治安を維持できないのもまた事実…
私たち男性にとってはありがたい場所ですから、消さないでほしいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る